Light Tour

 

光の旅

 

1.
Memory slipping our of your hands easily. The sceneries probably seen only once in your life, people walking past by and never see them again. Everyday activity of people, all the life to be born and to die, every minutes which apparently seems to stay the same but not.

Photography and questioning.

2.
Walk walk walk.
Then walk walk walk.
More walk walk walk.
Walk to forget what I do not need to remember.
Stop to remember where I am.

3.
I step to the outside.
I can be somebody else.
I can just be nobody.
I can even be an animal.
And I can be back to myself.

4.
This project is the search for myself in silence, but I also know I am not who I am without loud statement.

5.
Capture light as bright as it is.
Capture darkness as deep as it is.
Everything in this world contains black and white.

But the whole is not just grey,
it is filled with colours.
(Sep 2012)

 

1.
手のひらから簡単にこぼれ落ちる記憶たち。きっと一生に一度しか見ることのない景色たち。二度と会うことはきっとない、すれ違う人たち。人々の日々の営み。生まれそして死んでいく命。一見同じ様に続いていくと見える一瞬たち。

写真を撮ること、と問うこと。

2.
あるく、あるく、あるく。
そして、あるく、あるく、あるく。
もっと、あるく、あるく、あるく。

あるく– 覚えなくていいものを忘れるため。
とまる – 自分がどこにいるかを確かめるため。

3.
外にでてみる。
私は他の誰かになれる。
私はただの誰でもない私になれる。
私は動物にすらなれる。
そして、私は私に戻ることができる。

4.
これは沈黙の中で私を探す旅である。
でも主張がなければ私でないことも知っている。

5.
光をその明るさのままに切り撮る。
闇をその深さのままに切り撮る。
すべてのものは白も黒も含んでいる。

でも全体はただのグレーじゃない。
色とりどりの世界。
(2012年9月)